スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎知事選敗北、小沢氏謝罪「迷惑をかけた」(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は22日の記者会見で、与党推薦候補が敗北した21日の長崎県知事選で「政治とカネ」の問題が焦点になったことについて、「私自身の不徳のいたすところでご迷惑をかけた。大変申し訳なく思っている。プラスの要因に働いたはずはない」と謝罪し、選挙結果に影響したことを認めた。

 自民党など野党が小沢氏の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で小沢氏本人の証人喚問などを求めていることについては、「国対(国会対策委員会)を中心に、与野党で話し合いながら国会運営をやっている。その話し合いに任せたい」と述べ、国会招致に応じるかどうか、明言を避けた。

【from Editor】「慣用」とどう向き合うか(産経新聞)
死体遺棄 冷凍の乳児2遺体 愛知のスーパー(毎日新聞)
対米、沖縄交渉「ほぼ同時に」=普天間移設で鳩山首相(時事通信)
彫刻家、雨宮淳氏が死去(産経新聞)
火災 2幼児死亡 「中に子供」叫ぶ母 東京・練馬(毎日新聞)
スポンサーサイト

「調書訂正、聞き入れられず」=元係長、検事の作文と改めて主張-郵便料金不正(時事通信)

 虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元局長村木厚子被告(54)の公判は25日午後も大阪地裁で開かれ、部下だった元係長上村勉被告(40)は証人尋問で「村木被告の関与を認めた調書を訂正しようとしたが、検察官に聞き入れられず、抵抗すると拘置所から出られないとあきらめた」などと述べた。
 弁護側は、上村被告が拘置所で取り調べ内容などを記録したノートを基に質問。「村木被告の関与は思い出せない。どうしたらいいか」「いいように作文されている。どっちでもいい。早くここを出たい」「冤罪(えんざい)はこうして始まるのか」などの記述が読み上げられた。
 上村被告は「村木被告の関与を否定しても、検察官から『あなただけほかの人と違ううそを言い張っている』と言われた」「自分の供述など最初からどうでもいい感じだった」などと証言した。 

選択的夫婦別姓は「悪影響」 議員連盟「創生『日本』」(産経新聞)
ノエビア元副社長、元交際相手にも嫌がらせメール(読売新聞)
国産スポーツカー盗9人を逮捕 解体しネットオークションに出品 兵庫県警(産経新聞)
あの手この手で民主批判=街頭演説、確定申告相談会で-自民(時事通信)
超微細炭素分子 フラーレンで遺伝子治療 東大チーム 実験に成功(産経新聞)

<民主党>企業献金「禁止」を強調(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の実母からの資金提供問題や民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件など「政治とカネ」の逆風をはね返そうと、民主党が企業・団体献金禁止の議論に本腰を入れている。17日には約1カ月ぶりに政治改革推進本部役員会を国会内で開き、小沢氏が「よく党内外の意見を聞いてほしい」と議論を進めるよう指示した。

 企業・団体献金の禁止は小沢氏の以前からの主張で、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)にも明記した。このタイミングで民主党が企業・団体献金の禁止を強調するのは、公明党が積極的な一方で、自民党が消極的という事情もある。「政治とカネ」を追及する自民党に踏み絵を突き付け、野党間に亀裂を入れて追及の手を鈍らせようという狙いもあるとみられる。【念佛明奈】

【関連ニュース】
町田市長選:小沢幹事長、異例の応援 逆風で危機感?
民主党:「政調」復活要望へ…田中真紀子氏ら
鳩山首相:夫婦別姓制度「基本的には賛成」
鳩山首相:冬季パラリンピック選手にエール
普天間移設:基地問題検討委の開催延期申し入れ 与党3党

井上梅次氏死去(映画監督)(時事通信)
<マータイさん>国連大学で環境と平和を語る(毎日新聞)
外国人参政権 政府・与党反対派の「声なき声」(産経新聞)
衆院選前、資金に困窮=居候、選挙近づき事務所開設-民主・小林千代美議員側(時事通信)
「セクシー系」アプリ続々削除 アップルに開発者がブーイング(J-CASTニュース)

<名古屋市議会>改革座長案まとまる 市長との衝突必至(毎日新聞)

 名古屋市議会の吉田隆一議長(基本条例制定研究会座長)は15日、議会改革を形にする市議会基本条例の骨子座長案を各会派幹部に提示した。議会や議員の在り方・理念を条文化したものだが、河村たかし市長が半減を迫る議員の定数・報酬について他自治体との「均衡を考慮する」と表現するなど、全体的に抽象論にとどまっている。市長案との隔たりは極めて大きく、両者の衝突は避けられそうにない。

 座長案は、昨年末から5回行った基本条例制定研究会の議論を踏まえて作成した。議会の役割や議員活動、会議の運営など議会の一般的な姿を示しつつ、「議員相互間の討議」「市民3分間議会演説制度の実施」など、従来は見られなかった内容も盛り込んだ。

 ただし、基本条例という性格から改革の具体策にはほとんど触れていない。特に議員の身分に関する条項では議員定数、報酬とも「同規模地方公共団体との均衡等を考慮し、別に条例で定める」などと規定。政務調査費の在り方についても別途条例で定めるとし、これら条例を制定・改廃するときは「議員が提出する」と市長の介入への歯止めも施した。

 座長案は16日に開かれる研究会で正式に提示される。三つの分科会で議論したうえで19日開会の2月定例議会に条例案を提出し、制定を目指す。一方、河村市長も11月定例会に提出した「政治ボランティア条例案」をより具体化した議会改革の条例案を提出する方針で、市長と議会との対立先鋭化は必至だ。

 市長は、これまでの議会の議論について「議員のボランティア化が良いのか、税金で身分保証された職業化議員がいいのかなど、私が投げかけた本質部分に応えようとしていない」と強く批判している。研究会からも「(座長案は)市長に対抗できる内容ではない。さらに議論して修正しなければならない」(自民・藤田和秀市議)などの危機感が出ている。【岡崎大輔】

【関連ニュース】
熊本市議会:政調費問題 1議員が自主返納 市民団体は納得せず /熊本
直方市:「議員報酬減額を」 審議会、財政難受け要望 /福岡
白河市:市長ら1.5%引き下げ 議員政調費据え置き--市報酬審 /福島
前橋市議会政調費問題:返還裁判 会派側、争う姿勢示す 請求棄却求め答弁書 /群馬
告発状:「政治資金収支報告書に虚偽」 オンブズわかやま、松本県議らを /和歌山

【いきいき】大阪女性文芸協会代表 尾川裕子さん(産経新聞)
「疑わしい取引」過去最多=337件の摘発に活用-警察庁(時事通信)
警部自殺は「パワハラ原因」=遺族、元上司ら提訴-神奈川(時事通信)
郵便不正公判「供述調書は検事の作文」と証人(読売新聞)
都の駐車場 管理業者、利益上乗せか 選定時と契約時、収支計画に差(産経新聞)

同居の兄をけり死なせる 容疑の男逮捕(産経新聞)

 兄をけるなどして死なせたとして、茨城県警筑西署は21日、傷害致死の疑いで、茨城県筑西市関本下、土木作業員、永田秀吉容疑者(45)を逮捕した。永田容疑者は「いらだってやってしまった」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、永田容疑者は今月13日、同居する兄の無職、吉孝さん(53)の頭や背中などをけって、肋骨(ろっこつ)を骨折させるなどして、16日ごろ、呼吸不全で死亡させた疑いが持たれている。

 同署によると、永田容疑者が13日に帰宅したところ、台所が水浸しになっていたため、吉孝さんに片付けるように言ったが、全く応じず動かなかったため、暴行したという。

 17日朝、吉孝さんの死亡に気付いた永田容疑者が通報した。

【関連記事】
傷害致死罪で主婦を起訴 夫へのインスリン過剰投与 福岡地検 
罰ゲームは死の覚醒剤焼酎 元組員「合法ドラッグ…飲ませた」
京産大生死亡、傷害致死容疑で19歳少年逮捕 クラブでもめ殴る
妻の妹を殴り死亡させる・傷害致死容疑で夫婦逮捕 広島
七味唐辛子飲ませ4歳次男死なす 母の実刑確定へ

<神奈川県警>「薬物ある」と誘い暴行…容疑の男を再逮捕へ(毎日新聞)
北教組資金、民主・小林氏陣営側が違法性を認識(読売新聞)
J&J日本元代表を在宅起訴=5800万円脱税-東京地検(時事通信)
偽装ラブホテルを捜索 “器具隠せ”のメモも 大阪(産経新聞)
ホームに上がろうとした女性、地下鉄にはねられ死亡(読売新聞)

追悼のろうそく1762本 JR脱線事故から5年(産経新聞)

 平成17年4月25日に起きたJR福知山線脱線事故から5年を前に、経過日数と同じ1762本のキャンドルを灯す追悼イベント「灯(あか)りでつながる夜」が20日、兵庫県伊丹市の三軒寺前広場で開かれた。

 先頭車両で事故に遭遇し、18時間後に救出された近畿大4年、山下亮輔さん(23)=大阪府東大阪市=らが、事故によって結ばれた人々の「つながり」の大切さを表現するため企画。キャンドルでかたどった「2005 4/25」の文字など長さ18メートル、幅4メートルの光の造形に点灯した。

 事故で次女が負傷した三井ハルコさん(54)=兵庫県川西市=は「まだ5年。事故は年々風化が進み、当事者ではない若者たちの取り組みは意義深い」と話した。

【関連記事】
“元凶”元相談役が説明会欠席 遺族に募るJR西への不信感
JR西漏洩 検証チーム初会合で遺族の不信感あらわ 
JR3社長不起訴に憤り、あきらめ…遺族ら反応
マニア暴走!乗客は大激怒 電車止めた“撮り鉄”って?
痴漢の4割は電車内 近畿6府県警が対策会議

<千葉大生殺害>逮捕もっと早ければ… 知人ら悔しさ訴え(毎日新聞)
モテモテひこにゃん、「サンマ」チョコも(読売新聞)
「春の兆し」…きさらぎの雪、都心で9回目(読売新聞)
<五輪スピード>窮地救うか二つのメダル…低迷続く冬季競技(毎日新聞)
【from Editor】少子化の本当に怖い話(産経新聞)

再生医療、一定の評価なら「速やかな保険導入」必要(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の「再生医療における制度的枠組みに関する検討会」(座長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)は2月15日、報告書案を固めた。報告書には、「研究」から「先進医療」に移行し、一定の評価が得られた再生・細胞医療を治験や薬事承認、保険導入などに速やかにつなげる必要があることなどを盛り込む。

 報告書案では、「評価療養」の対象外や保険導入されていない再生・細胞医療は、まず研究として実施されるべきと明記。研究段階で一定の評価を得たものについては、「先進医療などの評価療養の枠組みの中で、行政の一定の関与の下、有効性及び安全性について、さらなる評価をしていくべき」と指摘した。先進医療として実施し、一定の評価が得られた場合、速やかに治験や薬事承認、保険導入につなげていく必要性を示した。


【関連記事】
「再生・細胞医療の共同診療」報告書取りまとめへ議論
再生医療の共同診療の要件で議論
親知らずや乳歯を再生医療に利用、鶴見大などが新事業
「論点」示し本格議論開始―再生医療検討会
「歯科領域での再生医療の活用を」

おこちゃま政権のむなしすぎる国会論戦(産経新聞)
検察側、無罪求め謝罪=足利事件再審公判-宇都宮地裁(時事通信)
【1都4県週刊知事】神奈川 松沢成文知事 「池子」は一括解決を(産経新聞)
「押尾被告が入手依頼」=知人男、麻薬譲渡認める-東京地裁(時事通信)
早大OBら3人株価操縦認める 初公判で(産経新聞)

温暖化基本法、環境税など盛り込みは「無理」 直嶋経産相(産経新聞)

 直嶋正行経済産業相は16日の閣議後会見で、政府が3月上旬にも国会に提出する予定の「地球温暖化対策基本法(仮称)」に、地球温暖化対策税(環境税)など温室効果ガス削減の具体策を書き込むことについて「無理がある」と否定的な見通しを示した。

 環境省は15日に開かれた基本法に関する関係閣僚委員会の副大臣級会合に、国内排出量取引制度や環境税の導入などを盛り込んだ素案を提出した。

 これについて直嶋経産相は「(排出量削減の)国際的な枠組みが決まらないなかで、あまり細部を議論しても仕方がない」と指摘。排出量取引制度や環境税について「国民の声は賛否両面がある。いまの時点で、具体的な内容まで決めていくのは率直に言って無理がある」とし、「基本法ではあまり踏み込んだ内容は書けないのではないか。書けば先々、(政策的に)齟齬(そご)をきたすのではないか」と述べた。

【関連記事】
11年度に環境税導入 「温暖化基本法」素案を提示
国民の8割反対 早急な温暖化対策法取りまとめに疑問の声
「地球から見れば、人間がいなくなるのが一番優しい」鳩山首相
温暖化で最強ハリケーンの発生頻度2倍に上昇か
【日本の議論】エコの優等生・風力発電に逆風 低周波は本当に有害か?

<松戸女子大生殺害>竪山容疑者を強盗殺容疑などで再逮捕へ(毎日新聞)
雑記帳 秋田に来ねが~ 「がおたくん」に人気(毎日新聞)
普天間、5月決着変わらず=平野長官が強調(時事通信)
在校途中から「女児」に切り替え=性同一性障害の小2児童-埼玉(時事通信)
再診料下げ「経営を危惧」=診療報酬改定で-日医副会長(時事通信)

大統領と会談求めてない=小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は14日、キャンベル米国務次官補から訪米を要請されたことについて、「日米同盟50周年記念だから、行く場合は日米同盟の一層の発展、友好親善で行くと言っている。オバマ大統領と会談したいと言ったわけではないが、(党の)みんなが行った場合は米側もそれなりの歓迎、対応をしてもらいたい」と述べた。
 訪米するか否かに関しては「わたしが行きたいと言って頼んだわけではない。党に正式な話があってどうするか決めたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相

「政治とカネ」で小沢氏擁護=民主党の輿石氏(時事通信)
集団暴行受け、中2重体=少年4人を逮捕-兵庫県警(時事通信)
石川衆院議員 離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党(毎日新聞)
盗難の純金製置物「偽物と思い捨てた」山で発見(読売新聞)
HIV抗体検査・相談件数が減少(医療介護CBニュース)

国の借金、最大の871兆円=国民1人当たり684万円-09年末(時事通信)

 財務省は11日までに、国債や借入金などを合計した「国の借金」が2009年12月末で871兆5104億円となり、前回公表した9月末から6兆9878億円増加し、過去最大を更新したと明らかにした。今年1月1日時点の人口推計(1億2747万人)から算出すると、国民1人当たり約684万円の借金を背負っていることになる。
 麻生前政権が策定した経済対策の財源確保に伴う国債増発が主な増加要因。さらに09年度第2次補正予算成立で09年度の国債発行額は過去最大の53兆円に膨らむため、財務省は3月末には国の借金は900兆円を突破すると推計している。 

【関連ニュース】
衆院予算委の詳報
「政治とカネ」、第2ラウンドへ=1日から代表質問
施政方針演説全文
首相「政治とカネ」辛くも乗り切る=閣僚ら答弁窮す場面も
国債発行、13年度に55兆円=予算100兆円に膨張

日韓外相、北核問題で連携確認(産経新聞)
<雑記帳>ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
「やったぞ」地元沸く…長島「銀」・加藤「銅」(読売新聞)
6年前の思い再燃 市民団体、大阪市と交渉 道頓堀で泳ぐぞ~(産経新聞)
石川議員離党で首相「熟慮を重ねての判断」(読売新聞)

【止まらぬ暴力 シー・シェパードの実態】(上)エコ・テロリスト (産経新聞)

 ■捕鯨船爆破、殺害予告も

 冷たい海風。南極海洋上の気温は氷点下だ。調査捕鯨を行っていた日本の船団は先月6日未明(日本時間)、正体不明の船に追尾されていた。

 船は捕鯨国のノルウェーの国旗を掲げている。だが、数時間にわたる執拗(しつよう)なまでの追尾行動に異様な雰囲気が漂った。突然、視界に入ってきたのは「ノルウェー船」ではなく、黒い流線形の高速艇だった。捕鯨船団にレーザー光線を照射し、異臭がする薬品入りのボールを発射装置を使ってほうり込んでくる。

 「あいつらだ…」。進路の安全を確保するために、流線形の高速艇に放水や音響装置を使って警告し続けたが、敵は暴挙に出た。船体を捕鯨船に接触させてきたのだ。衝突の衝撃とともに波しぶきが甲板に飛び散った。

 ノルウェー船に偽装した船と流線形の高速艇は、環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船。衝突した高速艇「アディ・ギル号」は船首が大きく破損し現場に放棄された。乗組員らはもう1隻の抗議船に救助され、そのまま立ち去った。洋上には油が漂い、船体の一部など多くの残骸(ざんがい)が海上に散乱していた。

 「これまでで最も危険な行為だった」。水産庁の委託を受けて調査捕鯨を行っている「日本鯨類研究所」の石川創調査部次長は現場海域から送られてきた映像をみて、こう語った。「これほどの衝突が起きて、死者が出ずに済んでよかった」とも付け加えた。

 ≪30年以上も活動≫

 SSは米国に本拠地を置く反捕鯨を主張する団体。国際的に知られる環境保護団体「グリーンピース(GP)」の幹部だった、ポール・ワトソン氏が代表を務める。ワトソン氏は路線対立からGPを事実上追放された後、SSを設立。これまでにも、日本の調査船団に対して、発煙筒を投げつけたり、スクリューに絡ませて航行不能にさせようとロープを海中に投げ入れたりと、過激な抗議活動を行ってきた。

 活動歴は古く、1980(昭和55)年にはポルトガルのリスボン港で捕鯨船に機雷を取り付け、爆破して沈没させる事件を引き起こしている。同年の国際捕鯨委員会(IWC)総会で、カナダが捕鯨の一時禁止に反対票を投じたことから、カナダ代表を「殺害する」と表明するなど物議を醸した。その後も世界各地で暴力的な反捕鯨活動を継続、メンバーらが逮捕されたこともある。

 日本の調査捕鯨船団に対しても2007(平成19)年から毎年、危険な妨害を繰り返している。警視庁公安部は08年、捕鯨船にロープを投げてスクリューにからませ、発煙筒18個を投げ込むなどして捕鯨妨害したとして、威力業務妨害容疑でSSのメンバー4人の逮捕状を取り、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配している。

 ≪著名人らが支援≫

 過激な行動は「エコ・テロリスト」(水産庁幹部)そのものだが、「メンバーなどの詳しい実態は不明な部分が多い」(同)。「調査捕鯨よりも、動物が生きる権利の方が重要だと考えている集団」と指摘するのは、水産行政に詳しいジャーナリスト、梅崎義人さんだ。

 反捕鯨に共鳴する欧米の資産家らによる寄付で、30年以上にわたって活動を継続。ロック歌手のミック・ジャガーさんやハリウッドの人気女優、ダリル・ハンナさんらが支持を表明。今シーズンの妨害の予算は約7億円にも上るという。

 先月6日の衝突事故で、ノルウェー船を偽装して日本船団を追尾していたのは、米人気テレビ司会者のボブ・バーカーさんの献金で購入した「ボブ・バーカー号」。SSが今シーズン初めて派遣した船だった。

 ≪殺傷能力ある矢≫

 放置されたアディ・ギル号の周辺から、今回初めて殺傷能力のあるアーチェリーの矢が4本回収された。水産庁の担当者は「回収したのは4本だが、周辺には数十本の矢が漂っていた。抗議活動に弓矢は必要ないだろう」と驚きとともに怒りをにじませた。

 妨害を中断し、現場から立ち去ったSS抗議船は先月28日、オーストラリアの港に帰港したのが確認された。

 「SSを再出港させてはいけない。日本政府は、なんとかすべきだ」。鯨類研究所の石川次長はこう強調していたが、結局、港で補給を終えるとすぐに出港。早速、今月6日に捕鯨妨害を再開した。

 先月の事故で大破したアディ号の代わりに、今度はボブ号がレーザー光線照射などを繰り返し、最後はまた、衝突を仕掛けてきた。ボブ号は日本の捕鯨船を小突くと、船体の「ドクロ」のマークを誇示しながら現場から立ち去った。

 「出港を許すから妨害を受ける。いつまで歯がゆい思いをしなくてはならないのか」。水産庁幹部の言葉は怒りに震えていた。

                   ◇

 日本の調査捕鯨船団に対するSSの妨害活動が止まらない。有効な対抗策がないまま、現場の乗組員らは調査活動を続けざるを得ない。SSをめぐる現状を追った。

もんじゅ、運転再開を容認=ナトリウム漏れから14年-経産省(時事通信)
民家火災で2人死亡=居住の夫婦か-埼玉・越生町(時事通信)
機密費上納、追加調査せず=平野官房長官(時事通信)
橋下徹知事異常支持率「80%」 「盤石な形」になった理由(J-CASTニュース)
<たまゆら火災>増改築重ね違反14件(毎日新聞)

「個所付け」追及を確認=自民チーム(時事通信)

 自民党は9日午後、政府・民主党が個別公共事業の予算配分額(個所付け)を地方組織に伝えた問題を調査するプロジェクトチーム(座長・金子一義前国土交通相)の初会合を党本部で開き、事実関係を徹底解明し、国会での追及姿勢を強める方針を決めた。大島理森幹事長は席上、「自分たちの政党の利益、選挙に絡めている実態も浮き彫りにされた。毅然(きぜん)とした対応を取る」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

八ツ場ダム建設中止求め声明=千葉県弁護士会(時事通信)
さっぽろ雪まつり 週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)
中国籍女の共犯、二審も懲役15年=替え玉殺害-大阪高裁(時事通信)
<浜崎あゆみさん>自宅に脅迫状 恐喝未遂容疑で男逮捕(毎日新聞)
高速無料化のCO2影響試算=小沢環境相(時事通信)

急増するインフルエンザ脳症、8割以上が新型で発病―国立感染症研究所(医療介護CBニュース)

 2009年第28週―10年第3週(7月6日-1月24日)に報告されたインフルエンザ脳症の患者数のうち、8割以上が新型インフルエンザウイルスによって発病していたことが国立感染症研究所感染症情報センターの調べで分かった。安井良則主任研究官は、同センターで2月8日に開かれた勉強会で「発症数そのものも、インフルエンザ脳症のサーベイランスが始まって以来、飛び抜けて多い」とし、改めて注意を呼び掛けた。

■発症の中心年齢層は、5―9歳
 同センターによると、インフルエンザ脳症患者の報告数は04年以降、1シーズン当たり30―50例前後で推移していた。ところが今シーズンは、流行が終息していないにもかかわらず患者数は285例を記録。このうち新型インフルエンザウイルスによる脳症は240例(84%)に達した。そのほかA型で38例、B型で1例、型別不明で6例が確認された。なお年齢層は5―9歳が中心で、特に7歳が39例(13.7%)で最も多かった。新型インフルエンザが、従来の季節性インフルエンザより多くの脳症を引き起こしている理由について、安井主任研究官は「発症の中心年齢が、既存の季節性インフルエンザよりも高いことも含め、はっきりとした理由は分からない」としている。

■120例の臨床像を報告
 また、安井主任研究官は、同センターが実施したインフルエンザ脳症例の調査結果も紹介した。対象は、昨年7月6日から今年1月22日までに報告された症例のうち、新型インフルエンザウイルスによる脳症と確認された120例(男性74例、女性46例)。調査結果によると、年齢分布は1-70歳で、中央値は7歳。57例で熱性けいれん(24例)、気管支喘息(16例)などの基礎疾患や既往歴が認められた。そのほか、120例すべてで意識障害が確認されており、発熱から意識障害出現までの期間は当日が29例、1日が66例、2日が14例、3日が4例、4日が2例。6―8日も各1例あった(中央値は1日)。異常行動や異常言動は81例、けいれんは66例で見られた。
 また、95例で脳波検査が実施されており、66例で高振幅徐波などの所見を確認。頭部CT検査もしくは頭部MRI検査が実施された118例のうち、62例でなんらかの所見を認めた。とくにCT検査では脳浮腫が見つかった例が多かったという。治療では、120例のうち118例で抗ウイルス薬が投与されていたほか、ステロイドパルス療法(97例)、yグロブリン療法(49例)、脳低体温療法(12例)などが行われていた。人工呼吸器は32例で使用された。
 転帰については、回答が得られた118例のうち、死亡が8例、後遺症ありが14例、治癒・軽快が96例となった。後遺症については13例で精神神経障害が認められたほか、8例で身体障害との合併も確認された。


【関連記事】
新型インフルによる脳症や重症肺炎、季節性と異なる特徴も
インフル脳症が既に132例、「6歳以上も注意を」-感染研
インフル脳症が既に50例、7歳が最多-感染研
インフル脳症ガイドラインを改訂―厚労省研究班
[新型インフル] インフルエンザ脳症についての注意喚起

毎日育英会奨学生 卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)
<救護被爆>厚労省が認定緩和 広島・長崎指針を全国通達へ(毎日新聞)
「時効廃止」案取りまとめ 法制審部会、月内にも総会で議論(産経新聞)
長女傷害容疑、継母を逮捕=11月に死亡、日常的に虐待か-兵庫県警(時事通信)
小沢氏不起訴、地検の葛藤 「十二分の証拠」が壁 政治家のうそは鮮明に(産経新聞)

宇宙桜を学校・公園に植樹、多摩でプロジェクト(読売新聞)

 宇宙を旅した桜が東京都多摩市に大集合――。

 多摩商工会議所(峯岸松三会頭)は、国際宇宙ステーション(ISS)に保管された桜の種から育てた苗を、市内の学校や公園などに植える「宇宙(そら)桜」育成プロジェクトを始める。

 宇宙桜は14種類。北海道旭川市から沖縄県名護市まで、全国13地域の子どもたちが各地の名木の種を拾い集め、2008年11月から8か月半、ISSの日本実験棟「きぼう」に保管。ISSに長期滞在した宇宙飛行士の若田光一さん(46)とともに地上に戻され、各地に返還された。

 多摩商工会議所は、16年に多摩ニュータウンが開発50周年を迎えることから、桜による街おこしを始めた。「多摩ニュータウンは全国各地から人が移り住んでいるが、これまで各地との交流はなかった。宇宙桜が交流のきっかけになれば」と関係者に打診し、宇宙桜の苗を譲り受ける。

 植樹は、種が十分な大きさの苗に育つ11年11月の予定。市内を日本列島に見立て、北から南まで各地の宇宙桜を植える。宇宙桜にはQRコード入りの案内板をつけ、コードを読み取ってインターネットに接続すれば、その親木や各地の情報サイトを閲覧できる仕組みにする。

志望校一覧を生徒に配布=中3担任教諭、苦情受け回収-岐阜(時事通信)
<横浜事件>刑事補償決定が確定(毎日新聞)
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か-山口・美祢(時事通信)
トヨタのリコール、米に冷静対応求める…国交相(読売新聞)
世界対がんデー、がん予防を訴え専門家らが講演(医療介護CBニュース)

<シロヘビ>愛のキューピッド出現? 「頭にハート」の赤ちゃん、7日から公開(毎日新聞)

 国指定の天然記念物「岩国のシロヘビ」の飼育をしている山口県の岩国白蛇保存会(森橋律夫会長)は7日から同市今津町の観覧所で、ハート形に見える模様が頭にあるシロヘビの赤ちゃん2匹を一般公開する。14日まで。

【写真とグラフで楽しく解説】ニュースがわかる:ひこにゃんが大量のバレンタインチョコに喜ぶ

 保存会は市内5カ所でシロヘビ約700匹を飼育。2匹は同市旭町の第一放飼場で09年9月中旬に生まれたとみられ、全長は約40センチ。メスとみられる方を「ラブ」、オスと推定される方は「旭」と名付けた。

 09年は約160匹の赤ちゃんを保護したが、飼育員の蔵田真希さん(25)が個体識別のために頭部をデジタルカメラで撮影中に模様を発見。ベテラン飼育員たちも「こんな模様は見たことがない」と、ハート模様にちなんでバレンタインデー前に公開することになった。幼いときは肌が薄いため、毛細血管が赤茶色のまだら模様に見えるが、脱皮を繰り返し、全長1メートルに成長する2~3年後には真っ白になるため、ハート模様がくっきり見えるのはこの時期だけ。

 シロヘビは弁天様の使いと言われ、金運や商売繁盛につながる吉兆とされる。保存会は「片思いの人でも、カップルでも、見れば恋愛がきっとうまくいくのでは」。しかし、弁天様はしっと深いとも言うが「それは俗信。熱々でも大丈夫」とのこと。

 観覧所は午前9時から午後5時まで。シロヘビ保護活動のために100円程度の志をお願いしている。問い合わせは白蛇資料館(0827・22・8634)。【大山典男】

【関連ニュース】
【バレンタイン写真特集】かまぼこ、お猪口…“脱チョコ”健闘 「甘くない愛」もある?
【バレンタイン写真特集】長澤まさみ:五輪選手に手作りチョコを FM「MY OLYMPIC」収録
【バレンタイン写真特集】変わりチョコ・グッズいろいろ ハートに火をつける?
【バレンタイン写真特集】寿司もラーメンも おもしろチョコ集合
【バレンタイン写真特集】長澤まさみ、榮倉奈々がチョコ手作り ガーナミルクチョコレート

“よそ者”に侵されるエゾクロテンの生息環境(産経新聞)
「創生日本」が発足=真・保守政策研を改称-安倍元首相ら(時事通信)
「北朝鮮に送るぞ」 会社役員を監禁・暴行容疑の男ら4人逮捕(産経新聞)
大雪 脱出作業7日夕終わる 新潟の車100台立ち往生(毎日新聞)
福岡前副知事収賄 北海道「視察」、実態は観光か(毎日新聞)

橋下知事、就任2年振り返り「家族運営は失敗だらけ」(産経新聞)

 午前9時43分 登庁し報道陣の取材に応じる。2年間の府政運営について「失敗はなかったけど、家族運営は失敗だらけ」

 10時5分 河崎大樹特別秘書に再任の辞令を交付。

 10時15分 知事室で報告を受けるなどする。

 午後1時 中国大連市の夏徳仁書記の表敬訪問を受ける。

 1時半 府公館で全日本車いすダンススポーツ選手権大会優勝者の報告を受ける。

 2時半 槙尾川ダムの建設事業に関する有識者会議に出席。

 5時 知事室で打ち合わせ。

 7時 毎日放送USJスタジオ(大阪市此花区)で料理番組の収録。

【関連記事】
大阪府、ネットに部局長の「通信簿」 三つの表情で評価
朝青龍引退 橋下大阪知事「説明すれば分かってくれたのでは」
橋下知事「府市再編後の庁舎はWTC」
橋下知事「僕の役割は終わった」 国の案に伊丹廃港反映
橋下知事就任2年 「高支持率 内実伴ったものに」富野暉一郎・龍谷大教授

<狐の嫁入り道中>花婿と花嫁が面つけて…三重・四日市(毎日新聞)
この男に見覚えは?振り込め「出し子」公開(読売新聞)
<人骨>日本最古2万年前 沖縄・石垣島(毎日新聞)
小沢氏は説明責任を=福島氏(時事通信)
殺人時効 ひき逃げ死亡遺族からは不満の声(毎日新聞)

<節分>鳩山首相の「鬼」は不景気…早く飛んでゆけ(毎日新聞)

 「『鬼』は不景気だね」。鳩山由紀夫首相は「節分の日」の3日、官邸で記者団から「総理にとっての鬼と福は」と問われて一瞬考えた後、答えた。その後「不景気よ飛んでゆけ。幸せよいらっしゃい、という話じゃないか」と続けた。景気対策を盛り込んだ10年度予算案を国会で審議中なだけに、首相は「景気、雇用の問題が大事。そういったものから解放された日本にしたい」とも話し、景気回復に力を込めた。【影山哲也】

【関連ニュース】
鳩山首相:施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず
2次補正予算:与党と公明党など賛成多数で成立
毎日新聞調査:主要119社中、半数強が景気は「足踏み」
第2次補正予算案:衆院本会議で与党3党などの賛成で可決
2次補正予算:成立…景気押し上げの即効性乏しく

野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ(産経新聞)
<バレエ>15歳・佐々木さんが3位入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)
<国交省>財団法人を5カ月指名停止 路面下空洞ずさん調査(毎日新聞)
免許取り立て、納車の翌日…車、コンビニに車突っ込む(産経新聞)
東京地検、鹿島会長を参考人聴取(読売新聞)

見えぬタンス預金、「ゼロ」が半数…衆院資産公開(読売新聞)

 8日に公表された衆院議員資産等報告書では、480人の議員のうち236人が「預貯金ゼロ」と報告した。

 ところが、読売新聞が閣僚や各党幹部、民主党の新人議員など計300人に、報告の対象にならない普通預金や現金の額をアンケートした結果、8割以上が未回答で、金額を明かした39人のうち「1000万円以上」と回答した議員も4人いた。

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件でも、小沢氏は4億円以上の現金を事務所に保管していたと説明しており、巨額の“タンス預金”が公開されない現行制度のあり方が改めて問われそうだ。

 国会議員資産公開法で報告を義務づけているのは土地や建物のほか、定期の預貯金や株式、100万円を超える自動車などで、普通預貯金と現金は対象外。閣僚の資産公開もほぼ同様で、昨年10月、定期の預貯金がゼロとした長妻厚生労働相も記者会見で「子供のための郵便貯金(891万円)があるが、普通預金も多少ある」と述べていた。

 今回、定期の預貯金がゼロとした236人のうち民主党議員は153人で、新人議員が77人と大半を占めたが、小沢氏や岡田外相、前原国土交通相、赤松農相らもゼロと報告した。

 このため読売新聞は今月6日までの1週間、鳩山首相と閣僚16人や小沢氏、自民党の谷垣総裁など各党の幹部16人のほか、事前に「アンケートには応じない」とした議員を除く民主党の衆院議員にアンケートを実施。「配偶者と合わせた普通預貯金と現金の総額」について〈1〉500万円未満〈2〉500万円以上~1000万円未満〈3〉1000万円以上~3000万円未満〈4〉3000万円以上――の選択肢を設けて回答を求めた。

 鳩山首相と小沢氏は未回答で、回答したのは全体の約17%の52人。閣僚のうち回答したのは赤松農相と前原国交相、仙谷行政刷新相の3人だが、「流動的で公開対象になじまない」などと金額は明かさなかった。

 金額を明かしたのは民主党の34人と自民党の石破政調会長、公明党の山口代表(参院議員)、共産党の志位委員長、改革クラブの渡辺秀央代表(参院議員)、新党日本の田中康夫代表の計39人。うち500万円未満が30人と大半を占めたが、5人が「500万円以上~1000万円未満」と答えたほか、いずれも民主党新人の今井雅人、長島一由、石津政雄の3議員と、共産党の志位委員長が「1000万円以上~3000万円未満」と回答した。

 これについて今井氏は「多額の普通預金を持っていても、報告の義務がないのは違和感がある。法改正を検討すべき」と指摘し、長島氏も「普通預金の公開については法改正を検討すべきだ」と語った。志位委員長も「法改正を検討すべき」と回答したが、石津議員は「プライバシーがあるのですべて公開するのもどうか」と慎重だった。

 一方、「500万円未満」と回答した民主党の杉本和巳議員は「普通預金に大きな金を入れておけば、資産はいくらでも少なく見せられる」と語り、同党の中野寛成議員も「本当に資産のない議員が、隠しているのではないかと勘ぐられるようでは困る」と法改正の検討を支持している。

インフル休校、1月最後の週は3割減(読売新聞)
<MMRワクチン>自閉症との関連なし 英誌が論文取り下げ(毎日新聞)
大仁田氏「ファイヤー」連発!号泣も…長崎県知事選告示(スポーツ報知)
外国人看護師候補者受け入れで実態調査へ―山井政務官(医療介護CBニュース)
安倍元首相、小沢氏の不起訴方針に「だれもが驚いた」(産経新聞)

山形・東根市議が自殺=県警が事情聴取(時事通信)

 6日午前5時半ごろ、山形県東根市の岡崎賢治市議(62)が、同市中央東の自宅で倒れているのを家族が見つけ119番した。岡崎市議は病院に搬送されたが死亡が確認された。農薬のようなものを飲んだとみられ、県警村山署は自殺とみている。
 県警によると、岡崎市議は数回にわたり捜査2課から任意の事情聴取を受けていたという。 

<成人式妨害容疑>新たに男6人を書類送検 長崎・佐世保(毎日新聞)
支持率83・2% 橋下知事就任2年、大阪府民意識調査(産経新聞)
政府「検察リーク」重ねて否定(産経新聞)
「お答えできない」連発=捜査1課長ら会見-連続不審死(時事通信)
小沢氏、刑事責任なら「非常に責任は重い」(産経新聞)

<機能性胃腸症>異常がないのに続く胃の不調、心理面との関係も深い(毎日新聞)

 ◇診断基準統一化の動き 人体図使い問診/抗不安薬で症状改善

 胃痛や胃もたれが続くのに、検査結果は「異常なし」--。こんな症状が特徴なのが機能性胃腸症(FD)だ。発症の仕組みについて、ストレスなどの心理面の影響も指摘されるが、目に見える異常がないため、周囲の理解を得られないことも多い。関連学会では保険適用を目指し、統一した診断基準作りを模索している。

 代表的な症状は胃痛、胃もたれのほか早期満腹感、みぞおちの灼熱(しゃくねつ)感など。以前は慢性胃炎と同じと見られていたが、胃の粘膜保護薬を処方しても症状が改善しないため、80年代ごろから医療関係者の間で注目されてきた。99年には国際診断基準も作られている。

 東北大病院(仙台市青葉区)の本郷道夫総合診療部教授(消化管生理機能)らが全国1万人以上を対象に行った調査では、全体の14%が該当する症状を経験したと回答した。本郷教授は「胃もたれ、胃痛の原因は胃の運動機能が低下したり、胃酸の分泌が過剰になることで起きている」と話す。

 大阪市立大病院(大阪市阿倍野区)の富永和作准教授(消化器内科)によると、主な患者は50~60代。女性が男性の倍ほどになるという。最近は20~30代の女性も増えている。

    □  □

 検査で異常が見つからないうえ、発症の仕組みも分からないため、診断は患者に対する問診が頼りだ。しかし内臓の痛みの程度や部位を他人に的確に伝えることは難しい。

 大阪市大病院では08年から人体図を使った問診を導入した。みぞおち周辺(図の(3))に半年以上前に表われた強い痛みや不快感が、直近の3カ月で週1回以上続いた場合にFDと診断されるという。富永准教授は「『胸やけがする』と下腹部をさする患者もいる。図を使うことで症状が理解しやすくなった」と話す。

 内視鏡検査でかいようやがんなどの疾患がないことを確認したうえで、投薬による治療となる。胃痛には胃酸分泌抑制薬、胃もたれには胃腸機能改善薬を処方するケースが多いという。

 患者への精神的なケアも重要だ。洛西ニュータウン病院(京都市西京区)の中井吉英心療内科部長は「症状が続くのに『気のせい』と一蹴(いっしゅう)されると患者は不安になり症状が悪化する。患者の話を聞き不安を取り除くことが必要」と指摘する。

    □  □

 FDは心理面との関係も深い。本郷教授らの実験では、内視鏡検査で「異常なし」と告げられた患者の3割で症状が消えたり、効果のない薬を投与しても5割で症状が改善する「偽薬効果」が確認されたりした。また本郷教授は「診察したFD患者の約半数はうつ症状があった」と話す。

 これらの作用に関係するとみられるのが神経伝達物質セロトニンだ。セロトニンは脳内で感情制御にかかわり、胃腸では脳の指令を伝える“潤滑油”として働いている。

 富永准教授らが08~09年にFD患者と健康な人の脳内のセロトニンを調べたところ、健康な人に比べFD患者では分布の偏りを示唆する結果が確認された。一方、うつ症状を訴えるFD患者に、脳のセロトニンの働きを促進する抗不安薬を投与すると、抑うつ・不安状態の解消に加えて胃腸症状も改善した。富永准教授は「心理的な問題が先か、胃腸の不調が先かは分からないが、セロトニンを介して互いに影響し合っていることは間違いなさそうだ」と話している。【林田七恵】

結核検査2200人に判定ミス 大阪府(産経新聞)
ひき逃げ 車が歩道に突っ込み3人死亡 車の男女4人逃走(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>逃走男を窃盗未遂容疑で逮捕 別の車狙う(毎日新聞)
日航機が羽田に緊急着陸=「エンジンから出火」と連絡(時事通信)
小沢氏、会見時間は17分=一方的に打ち切る(時事通信)

子ども手当満額「異論」、火消しに躍起の政府(読売新聞)

 子ども手当の2011年度からの満額支給を見直すべきだとの意見が財務省を中心に出始めていることについて2日、政府内で火消しの動きが相次いだ。

 満額支給が困難だとする異論は財務省の野田佳彦、峰崎直樹両副大臣が唱えた。

 鳩山首相は2日夜、「歳出削減に最大の力を傾注すべきで、その先の話はすべきではない。満額支給できるよう努力するのが政府の務めだ」と記者団に述べた。

 菅財務相も1日、野田氏を口頭で注意し、峰崎氏にも同様の対応をとった。

 民主党の最大の支持団体である連合の古賀伸明会長も2日、札幌市での記者会見で、「(民主党)マニフェスト(政権公約)の背骨部分だから、様々な工夫と知恵で努力した方がいい」と指摘した。

 政府としては、10年度の支給を規定する子ども手当法案が今国会で審議入りしてもいない中で、11年度の話をするのは、参院選を控えた時期に得策でないと判断。従来通り、無駄の徹底削減などにより、満額支給に必要な財源約5・5兆円を捻出(ねんしゅつ)すると強調することにしたようだ。

 ただ、政府内では「最初から満額2万6000円ありきではない」(副大臣の一人)との意見がなお出るなど、異論は根強い。政府は財政再建目標などを議論する「中期的な財政運営に関する検討会」を1月25日に設けたばかりだが、「マニフェストを修正し、財政再建を図る布石ではないか」との見方が出ている。

有料充電器マルチ商法、元社長ら6人逮捕(読売新聞)
<参院予算委>自民党のヤジに亀井氏「うるさい」 審議中断(毎日新聞)
<国公立大2次試験>志願倍率1.0倍…中間集計(毎日新聞)
「らき☆すた」より面白い!?桃太郎“裏・聖地巡礼”(産経新聞)
スリップ?大型トラックと正面衝突、男性重体(読売新聞)

女性配達員殺される=首に絞められた跡-山梨(時事通信)

 1日午前1時半ごろ、山梨県富士河口湖町船津のアパートの室内で、新聞配達員平尾恵美子さん(61)が死亡しているのを訪ねて来た同僚の男性(44)が見つけ、119番した。首にビニールのひもが巻かれ、絞められた跡もあることから、県警富士吉田署は殺人事件として捜査を始めた。
 同署によると、平尾さんは一人暮らしで、町内の新聞販売店に勤務。男性が同日の朝刊配達のため出勤したところ、平尾さんが現れなかったため、配達後に自宅を訪問した。部屋の鍵はかかっておらず、居間で倒れていたという。 

【関連ニュース】
焼け跡の女性遺体に刺し傷=胸など数カ所、殺人で捜査
遺体は兵庫の72歳女性=首締め刺される、殺人と断定
兵庫の女性か、空き地で死亡=雪に埋まり、上半身刺し傷
母親殺害容疑で長男逮捕=「介護に疲れた」
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初

【単刀直言】塩川正十郎元財務相 「小沢支配」は危ない(産経新聞)
地上100m!橋下知事、通天閣で豆まき(読売新聞)
鳥取連続不審死 他殺に無念さにじます遺族(産経新聞)
犯行後の検証写真など示す=秋葉原無差別殺傷-東京地裁(時事通信)
<ハイチ大地震>国際医療チームが成田空港に帰国(毎日新聞)

予科練こんなだった、資料・遺書など展示(読売新聞)

 戦時中、海軍の少年飛行兵の基礎訓練を行った「予科練」があった茨城県阿見町で2日、当時の資料を集めた「予科練平和記念館」がオープンした。

 予科練出身者らでつくる資料収集委員が全国から集めた約9500点のうち、家族への手紙や手記、遺書、写真など約300点を展示。予科練で寝食を共にした写真家、土門拳の写真も。

 外壁の約25%はガラス張りの箱を積み上げたようなデザインで、館内から大空を望める。予科練出身で同町の戸張礼記さん(81)は「家族を守るのに必死だった当時の少年たちの思いに触れてほしい」と話す。

パーフェクトダーク使い「鋼の錬金術師」流出(読売新聞)
負傷者7人に、1人は重体=川内原発点検中に火花-鹿児島(時事通信)
百貨店の井筒屋、暴力団会合に1万円弁当(読売新聞)
JR函館線が運転再開=事故の特急車両撤去-北海道(時事通信)
自民大島氏「3人同じように判断したい」ベテラン公認問題で(産経新聞)

<相場操縦>容疑の元社員に課徴金 証取監視委が勧告(毎日新聞)

 証券取引等監視委員会は2日、ジャスダック上場のフリーペーパー発行会社「タウンニュース」(横浜市)の50代の男性元社員が自社株を不正につり上げたとして、金融商品取引法違反(相場操縦)の疑いで課徴金25万円を元社員に科すよう金融庁に勧告した。

 監視委によると、元社員は08年11月6~14日、買い注文と売り注文を同時に出して売買を成立させる手口などで、自社株を172円から260円まで高騰させたとしている。妻や子供名義の3口座を使い勤務中などに取引し、約40万円の利益を得たという。

 同社によると、元社員は普段から「同業社に比べタウンニュース株は安すぎる」と不満を漏らし、社内調査にも「株価をつり上げたかった。違反とは知らなかった」と話したという。【堀智行】

【関連ニュース】
無登録営業:東京の投資会社を家宅捜索
未公開株:不正販売で3容疑者を逮捕 愛知県警
虚偽記載:IT関連会社に課徴金勧告--証取委
高崎の投資詐欺:損賠訴訟 5被告争う姿勢 地裁で初弁論 /群馬
ユニオン社株相場操縦:大株主、容疑で再逮捕へ--大阪府警

鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」(産経新聞)
【郵便不正事件】弁護側冒頭陳述要旨(産経新聞)
<春闘>電機連合、賃金改善見送り 要求方針を提案(毎日新聞)
公明党、比例で候補者名の投票呼びかけへ方針転換(読売新聞)
働き盛り襲う心臓突然死 ストレス引き金…心身管理が大切(産経新聞)

外国人参政権 長尾教授一問一答「読みが浅かった」 国家解体に向かう(産経新聞)

 外国人への地方参政権付与は合憲としてきた長尾一紘(かずひろ)・中央大教授が、従来の考えを改め、「違憲だ」と明言した。主なやりとりは次の通り。(小島優)

 --地方参政権を認める参政権の部分的許容説に対する今のスタンスは

 「過去の許容説を変更して、現在は禁止説の立場を取っている。変える決心がついたのは昨年末だ」

 --部分的許容説を日本に紹介したきっかけは

 「20年くらい前にドイツで購入した許容説の本を読み、純粋に法解釈論として合憲が成立すると思った。ただ、私は解釈上は許容説でも、政策的に導入には反対という立場だった」

 --許容説から禁止説へと主張を変えたのはいつか

 「民主党が衆院選で大勝した昨年8月から。鳩山内閣になり、外国人地方参政権付与に妙な動きが出てきたのがきっかけだ。鳩山由紀夫首相の提唱する地域主権論と東アジア共同体論はコインの裏表であり、外国人地方参政権とパックだ。これを深刻に受けとめ、文献を読み直し、民主党が提出しようとしている法案は違憲だと考え直した」

 --考え直した理由は

 「2つある。1つは状況の変化。参政権問題の大きな要因のひとつである、在日外国人をめぐる環境がここ10年で大きく変わった。韓国は在外選挙権法案を成立させ、在日韓国人の本国での選挙権を保証した。また、日本に住民登録したままで韓国に居住申告すれば、韓国での投票権が持てる国内居住申告制度も設けた。現実の経験的要素が法解釈に影響を与える『立法事実の原則』からすると、在日韓国人をめぐる状況を根拠とすることは不合理になり、これを続行することは誤りだと判断した」

 --もうひとつは

 「理論的反省だ。法律の文献だけで問題を考えたのは失敗だった。政治思想史からすれば、近代国家、民主主義における国民とは国家を守っていく精神、愛国心を持つものだ。選挙で問題になるのは国家に対する忠誠としての愛国心だが、外国人にはこれがない。日本国憲法15条1項は参政権を国民固有の権利としており、この点でも違憲だ」

 --ほかには

 「許容説の一番最先端を行っているドイツでさえ、許容説はあくまでも市町村と郡に限られる。国と州の選挙の参政権はドイツ国民でなければ与えられない。一方、鳩山首相は地域主権論で国と地方を並列に置き、防衛と外交以外は地域に任せようとしている。最先端を行くドイツでさえ許していないことをやろうとするのは、非常に危険だ」

 --政府・民主党は、外国人地方参政権(選挙権)付与法案を成立させたい考えだが

 「とんでもないことだ。憲法違反だ。国家の解体に向かうような最大限に危険な法律だ。これを制定しようというのは単なる違憲問題では済まない」

 --外国人に地方参政権を付与した場合の影響は

 「実は在日韓国人より、中国人の方が問題だ。現在、中国は軍拡に走る世界で唯一の国。中国人が24日に市長選があった沖縄県名護市にわずか千人引っ越せば、(米軍普天間飛行場移設問題を焦点とした)選挙のキャスチングボートを握っていた。当落の票差はわずか1600票ほど。それだけで、日米安全保障条約を破棄にまで持っていく可能性もある。日本の安全保障をも脅かす状況になる」

 --学説の紹介が参政権付与に根拠を与えたことは

 「慚愧(ざんき)に堪えない。私の読みが浅かった。10年間でこれほど国際情勢が変わるとは思っていなかった。2月に論文を発表し、許容説が違憲であり、いかに危険なものであるのか論じる」

各党代表質問の時間延長=長時間の施政方針受け-衆院(時事通信)
歳入庁創設に前向き=「組織改廃は当然」-平野官房長官(時事通信)
TVアニメ違法配信の男逮捕=新たな共有ソフト利用-京都府警(時事通信)
企業再生支援機構の活用検討=ハウステンボス再建で-前原国交相(時事通信)
亀井氏の「うるさい」発言で臨時閣僚懇 首相が閣僚に注意(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。