スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<自民党>比例公認「70歳定年制」厳守 党内意見を考慮(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は28日、党本部で記者会見し、今夏の参院選比例代表の候補者選考について、山崎拓前副総裁(73)、保岡興治元法相(70)、片山虎之助元総務相(74)を「70歳定年制」の例外とせず、そろって公認しないとの最終方針を明らかにした。24日の党大会後に結論を先送りしてきたが、最後は党内の世代交代論に配慮した。谷垣総裁が近く本人に伝える。

 執行部は今年に入り、昨年の衆院選で落選した山崎氏と保岡氏のくら替えを認めない方針を決めた半面、07年に参院選岡山選挙区で敗れた片山氏は青木幹雄前参院議員会長らの求めに応じて公認する方向で調整していた。

 しかし、山崎氏が離党をほのめかして抵抗したのに加え、23日の党全国幹事長会議でも県連側から定年制の厳守を求める意見が出され、片山氏についても公認は難しいとの判断に傾いた。

 谷垣氏は28日、青木氏や尾辻秀久参院議員会長らと相次いで会談して「定年制に例外は設けない」と伝え、参院自民党側も「総裁の決定ならやむを得ない」(谷川秀善参院幹事長)と受け入れた。

 谷垣氏の決断は党内で「参院選にプラスだ」(西田昌司参院議員)とおおむね好意的に受け止められている。半面、青木氏らの働きかけが実を結ばなかったことは、派閥主導人事を排した小泉純一郎首相(当時)にさえ閣僚の「参院枠」を認めさせてきた参院自民党の衰退ぶりも映し出した。

 しかも、07年参院選で東京選挙区で落選した保坂三蔵氏(70)については、党東京都連の要請もあって当時の麻生太郎首相が比例代表で公認しており、基準のあいまいさはなお否めない。

 片山氏は28日、岡山市内で記者団に「参院の言い分や主体性をある程度考えてもらえばよかった。たいへんな高齢化社会で、そういう代表が少しはいてもいい」と無念さをにじませた。一方、中堅議員の一人は「年齢を理由にするのではなく、古い自民党の中核にいた人を切らないと、党が変わったとは言えない」と指摘した。【木下訓明】

【関連ニュース】
山崎前副総裁:公認問題決着後、進退自ら判断
自民党:「70歳定年」賛否相次ぐ
自民:山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める
山崎前副総裁:引退へ 参院選で自民公認難しく
山崎・自民前副総裁:引退へ 参院選で自民公認せず、当選困難と判断

<教え子性的暴行>フィギュア元コーチに懲役7年判決(毎日新聞)
<新型インフル>ワクチン接種後に死亡…「因果関係あり」初(毎日新聞)
<将棋>王将戦七番勝負第2局2日目 羽生が馬を作る(毎日新聞)
千葉大生殺害 ATM男、DNA型一致 遺体ストッキングに付着(産経新聞)
3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

<俳人協会賞>榎本さん「祭詩」、栗田さん「海光」に(毎日新聞)

 優れた句集、評論を選ぶ俳人協会(鷹羽狩行会長)の各賞が23日、決まった。ベテラン対象の第49回俳人協会賞は、榎本好宏さんの句集「祭詩」(ふらんす堂)と栗田やすしさんの「海光」(角川書店)に決定。第33回俳人協会新人賞は、加藤かな文さんの「家」(ふらんす堂)▽金原知典さんの「白色」(同)▽森賀まりさんの「瞬く」(同)。第24回俳人協会評論賞には、角光雄さんの評論「俳人青木月斗」(角川学芸出版)▽日野雅之さんの「松江の俳人・大谷繞石(じょうせき)」(今井出版)が選ばれた。授与式は2月23日、東京都新宿区の京王プラザホテルで。

日航機、引き返す=離陸直後にエンジン異常-沖縄(時事通信)
政府が「検察リーク」否定の答弁書を閣議決定(産経新聞)
サンシャイン国際水族館でペンギンがベビーラッシュ(産経新聞)
留学生 長期の外国人生徒数、初の減少 08年度(毎日新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏が聴取応諾へ(毎日新聞)

脱走した「北限サル」無事に捕獲 上野動物園(産経新聞)

 上野動物園(東京都台東区)のサル山から逃げ出していた国の天然記念物「北限のニホンザル」は24日午後4時10分ごろ、不忍池近くの飲食店の軒下にいるのが見つかり、動物園の職員らに網で捕獲された。

 動物園によると、サルにけがなどはなく、健康上の問題はないという。飲食店から通報があった。

 逃げ出したのは、生息する青森県・下北半島から引き取られた23匹のうちの1匹で名前は「カジキ」で性別はオス。24日が公開初日で、動物園の担当者の話では「初めての環境で、とてもびっくりしていた」という。

 捕獲されたサルもとんだ東京見物となり、少しぐったりとした様子だった。

【関連記事】
公開初日の“北限のサル”いきなり逃走 上野動物園
北限のサル、東京デビュー 上野動物園が一般公開
サルにかまれ女児ケガ 茨城・鹿嶋で襲撃相次ぐ
おサルさん、ゆず湯よりもユズが好き!
サル100匹が温泉でウトウト 函館・湯の川温泉

ハイチ救援NPO、第2陣現地へ=医師、看護師ら11人-成田(時事通信)
名護市長選 市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)
<政教分離>市有地に神社は違憲 最高裁(毎日新聞)
<空自>国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
親権一時停止を提言=虐待防止へ民法改正-法務省研究会(時事通信)

<小沢氏団体不透明会計>小沢氏聴取会見 岩手県民ら、内容に不満の声(毎日新聞)

 ◇「新しいこと何もない」

 小沢一郎民主党幹事長が、東京地検特捜部の事情聴取後、説明会見をして一夜明けた24日、強く説明責任を求めていた県民や野党からは「新しいことは何もない」など、会見内容への不満がくすぶった。民主側からは「疑念は解消された」の声が出るものの鎮静化の気配は見えない。新政権を揺さぶる政治とカネへの疑問に対する説明責任を問われる状況が続く。【岸本桂司、山口圭一、狩野智彦】

 ◇「詳しい説明を」--市民アンケ

 毎日新聞は24日、小沢氏の説明責任と対応について、改めて市民50人(男性25人、女性25人)に盛岡市大通の民主党県連前で聞いた。説明責任については「果たしていない」が44人と前回アンケート(16日)の46人から大きく変わらず、県民がより詳しい説明を求めていることが分かった。

 小沢氏の説明責任については、「果たしている」は6人にとどまった。一方で、「果たしていない」と回答した人の多くは、「説明できていないお金があるように思える」(盛岡市、40歳代男性会社員)「うやむやにしようとしている」(同市、50歳代女性パート社員)など、説明に理解が得られていないことが浮かび上がる。

 今後の対応については「さらに説明が必要」が24人と最多だった。中には「今後の説明の内容次第では、民主党を応援しない」(同市、60歳代女性無職)と声も。「党役職辞任」「議員辞職」を求めた人は、20人と前回から3人増え、「側近3人が逮捕された時点で道義的責任がある」(同市、50歳代男性団体職員)など厳しい声が上がった。

 ◇後援会「今後も支える」

 小沢氏の会見を受け、地元後援会からは「今後も小沢先生を支えていくだけだ」と平静を装い、擁護する声が上がった。後援会水沢連合会の小野寺伝会長は「小沢先生は法に触れるようなことはしていないと信じている」と話した。

 民主党県連の工藤堅太郎代表は「これで疑念は解消されたのではないかと思う」と、会見を評価した。また、「国民が触れる情報は検察のリークでゆがめられたものだ」と指摘。「疑惑を認めなければ説明責任を果たしたことにならない、という風潮があるように思える」と述べた。

 一方野党側は、会見内容について「目新しいものはない」と口をそろえる。その上で、「普通、億単位のカネが自宅にあるとは考えられない」(公明党県本部・小野寺好代表)、「会見で真相は明らかになっておらず、国会の証人喚問で明らかにすべきだ」(共産党県委員会の菅原則勝委員長)と、説明責任を果たす必要性を語る。

 また、自民党県連の鈴木俊一会長は「我が党で同じことが起きたら党内から批判が出るし、幹事長は辞任している」と述べ、幹事長続投に疑問を示す。

 連立を組む社民党県連合の伊沢昌弘幹事長は「(幹事長続投は)明らかになった時点で本人が判断すべきだ」と述べるにとどまった。

………………………………………………………………………………………………………

 ◇アンケートの質問と回答◇

 <問1>小沢氏の説明責任は?

果たしている   6人 (4)

果たしていない 44人(46)

 <問2>小沢氏の取るべき対応は?

党役職辞任    12人 (9)

議員辞職      8人 (8)

さらに説明が必要 24人(27)

現状のままで良い  6人 (6)

 ※( )内は16日の結果

「高卒までに喫煙」45.9% 半数が吸って後悔(産経新聞)
市バスが電柱に衝突、14人負傷=京都(時事通信)
菅家さん、謝罪求める=元検事「厳粛に受け止める」-足利再審公判(時事通信)
名護市長選、投票始まる=普天間移設に影響(時事通信)
【めざせ!ネイル美人】真冬もキラキラ(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。