スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大寺法華堂 持国天像と増長天像、65年ぶりに「疎開」(毎日新聞)

 奈良市の東大寺法華堂で9日、仏像を安置する須弥壇(しゅみだん)の修理に伴い、四天王立像(国宝)のうち、持国天像と増長天像が搬出された。四天王立像が法華堂を出るのは第二次大戦中に疎開した時以来、約65年ぶり。

 2体の仏像はいずれも奈良時代の脱活乾漆造で、高さ約3メートル、重さ約120キロ。作業は午前8時から始まり、薄紙や白い布で包んで木の枠に入れられた仏像が、4トントラックに慎重に載せられた。トラックは時速約15キロで奈良公園内を約1.5キロ走り、南西にある奈良国立博物館の文化財保存修理所に到着した。

 須弥壇は約3年かけて修理し、8月1日からは堂内に残る7体の拝観を再開する予定。【花澤茂人】

【関連ニュース】
<関連記事>日本の世界遺産:東大寺、姫路城など
<関連記事>5月27日に東大寺で開かれた晋山式で… /奈良
<関連記事>東大寺:5年がかりで描いたふすま絵を奉納 鎌倉の画家
<関連記事>東大寺法華堂:「須弥壇」修理へ準備 7月31日まで拝観停止--奈良 /奈良
<関連記事>アシュラーに仏像ガール 広がる仏像人気

菅首相就任記者会見 舌鋒封印…守り、逃げる(産経新聞)
<インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
14年度が最多の5割超=消費税引き上げ時期―民間予測(時事通信)
賭博力士「特定情報は公表できない」…相撲協会(読売新聞)
九州全域での対策強化=口蹄疫で合同本部―国交省(時事通信)
スポンサーサイト

自殺者 遺族を2次被害から守る 全国で署名活動へ(毎日新聞)

 自殺に対する偏見や理不尽な損害賠償請求から遺族や未遂者を守ろうと専門家や遺族が3日、国に「2次被害者保護法」の制定を求めて全国で署名活動を始める。3日は東京都内でシンポジウムも開き、遺族らの置かれた状況を訴えて協力を呼び掛ける。

 活動を進めているのは、全国自死遺族連絡会の世話人で、仙台市の自助グループ「藍の会」代表の田中幸子さん(61)や、精神科医で聖学院大学大学院(埼玉県上尾市)の平山正実教授(71)ら。

 (1)医療施設や公的機関での遺族、未遂者への人権配慮(2)遺族らへの不当請求の禁止(3)一元的な支援窓口の設置--などを柱とする保護法の制定を求め、11年3月までに15万人分の署名を目指す。

 シンポジウムは3日午後1時半、東京都港区赤坂1の日本財団ビルで。参加無料。問い合わせは田中さん(090・5835・0017)。【百武信幸】

【関連ニュース】
自殺:原因「失業」が7割増 30代の増加、目立つ
自殺防止策:健康診断に精神疾患検査追加へ…厚労省PT
自殺予防策:健診で精神疾患検査--厚労省PT
クローズアップ2010:自殺者、12年連続3万人超 若者、死に追いやる不況
いのちの電話:人手不足 不況でボランティア減 自殺危ぶむ相談は急増

連立離脱を提案=閣議決定撤回せねば―社民執行部(時事通信)
ギャラクシー賞に「死刑囚 永山則夫」(時事通信)
「安平、ご苦労さま」育てた永野さん手合わせる(読売新聞)
元みなと銀支店長に猶予付判決 社福法人3億円迂回融資(産経新聞)
<野菜畑>見事なパッチワーク 三浦半島南部(毎日新聞)

卓上フラッグで「みどり33」PR(産経新聞)

 世田谷区の中学生がデザインした卓上フラッグとしおりが、区内の図書館や児童館など公共施設23カ所の窓口に設置されている。

 卓上フラッグは区内の33%を緑にする「世田谷みどり33」のPRのために製作。区教育委員会が1~3月に実施した「才能の芽を育てる体験学習」に応募した当時の中学生23人がプロのデザイナー、桜田秀美さんからデザインのノウハウを学び、1人1作品ずつ考案した。

 作品は卓上フラッグやしおりにプリント。約1年間、窓口に掲示される。

警視庁、元朝青龍を聴取…「手あたったかも」(読売新聞)
PCI背任、元社長ら無罪確定へ 東京高検が上告断念(産経新聞)
両国でも暴力団観戦…初場所で警視庁確認(読売新聞)
民族の矜持を踏みにじる…NHKこそ「人間動物園」ではないのか(産経新聞)
09年度派遣労働者42%減=厚労省(時事通信)

【from Editor】名簿奨励条例への期待(産経新聞)

 「うち、新しいクラスの子、半分くらいしか名前わからへん」。盗み聞きしていたわけではない。大阪から奈良へ向かう電車の中、高校生らしい少女2人の会話が自然に耳に入ってきた。どうやらクラス替えがあったようだ。

 「名前が『みゆき』いう子、3人おるんよ。書き方は違うみたいやけど」「へー、3人か」「うん、それで席順見たとき、うちの後ろの席、『みゆき』やってん。あ、女の子やんって安心しとったらな、その子、男の子やってん。どうしよう、怖い」「えー、怖い」

 1人の生徒がしゃべり、もう1人は合いの手を入れる。漫才のようで面白かったが、ちょっと気になる内容もあった。「うちの席、ちょうど真ん中なんよ。後ろの方、全然、わからへん。クラス名簿ほしいな。席順表はあるけど」「うん、ほしいな。名簿」

 そう、この生徒の通う学校にはクラス名簿がないのだ。今日、名簿を作成していない学校は珍しくなく、理由をたずねると一様に「個人情報保護」を挙げる。平成17年の個人情報保護法施行が、名簿に対する国民意識に劇的な変化をもたらした。以降、学校ばかりか、自治会などの多くの団体からも名簿が消えた。

 あれから5年。大阪府箕面市で全国で初めて地域団体に名簿作りを奨励する「ふれあい安心名簿条例」が成立し、4月から施行された。府北部に位置する人口約13万の箕面市は大阪市のベッドタウン。住民意識は都会的だという。昨年5月の新型インフルエンザ騒動の際、一部の学校に名簿がなく、休校の連絡に手間取ったことを教訓としている。自治会やPTAからも、子育てや緊急時の連絡で名簿は有用という声が上がっていた。

 条例では、本人の同意を得る▽名簿管理者を選出する▽3年以内の有効期限を設け、切れたら回収する-などの指針を設け、適合していれば市が認証する。

 名簿一つ作るのに行政機関のお墨付きが必要とは、ちょっと大仰な気もするが、個人情報保護に敏感になりすぎて、コミュニティーがうまく機能しないのなら、条例は現実的な知恵なのだろう。団体が名簿を作成すれば、構成メンバーにはそれぞれ他人の個人情報を預かる責任が伴い、相互に信頼を寄せ合うことになる。人間関係の希薄さが背景として指摘される犯罪が頻発する現代、「地域力」を高める効果を期待したい。(大阪地方部長 村上栄一)

口蹄疫対策、支援に努力=東国原知事と会談-平野官房長官(時事通信)
五輪メダル計10個!池谷&長塚&谷…民主チーム五輪で参院選(スポーツ報知)
<ハーシェル宇宙望遠鏡>巨星の誕生撮った…画像を公開(毎日新聞)
ホームレス並ばせダフ屋行為=宝塚チケット、容疑で5人逮捕-警視庁(時事通信)
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)

医師装った疑い 44歳の無職逮捕 岩手、着任直前 (産経新聞)

 岩手県警宮古署は、県立病院の採用で医師免許がないのに医師に成り済ましたとして、医師法違反の疑いで自称大阪市天王寺区上本町、無職、一宮輝美容疑者(44)を現行犯逮捕した。

 岩手県宮古市では医師不足が深刻化している。県によると、一宮容疑者は3度の面談を経て10日に宮古市の県立宮古病院に着任予定だった。平成20年11月、病院側に「テレビの報道番組で宮古市が医師不足と知った。地域医療に興味がある」などと応募の理由を説明したという。

 逮捕容疑は8日午後6時半ごろ、宮古市内で同病院職員に対し循環器科の医師を装ったとしている。容疑を認めているという。事前に提出した医師免許証の写しに厚生労働大臣の印がないなど不審な点があることに病院職員が気付き、県警に相談して発覚した。

将棋 羽生、3連覇に王手…名人戦・第3局(毎日新聞)
検証 医療ツーリズム元年(1)「注目浴びる検診ビジネス」(医療介護CBニュース)
政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
<詐欺>警察官名乗りカードを詐取 100万円被害 奈良(毎日新聞)
「グラウンド整備悪い」と中学生殴る=野球部練習で、男を現行犯逮捕-岩手県警(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。